LG Q Stylo4がオンにならない問題を修正する方法

#LG#QStylo4は、2018年6月に最初にリリースされたミッドレンジのAndroidスマートフォンモデルです。電話の所有者がデバイスを操作する別の方法を提供するスタイラスが組み込まれています。この電話は、解像度1080 x2160ピクセルの6.2インチIPSLCDディスプレイを備えています。それは単一のリアとフロントカメラを使用しています。内部には、2GBのRAMとペアになっているSnapdragon450プロセッサがあります。これは堅実なパフォーマンスのデバイスですが、本日対処する特定の問題が発生する可能性がある場合があります。トラブルシューティングシリーズのこの最新の記事では、LG Q Stylo4が問題をオンにしないことに取り組みます。

LG Q Stylo 4またはその他のAndroidデバイスをお持ちの場合は、このフォームを使用してお気軽にお問い合わせください。デバイスに関する懸念事項については、喜んでサポートさせていただきます。これは、紐を付けずに提供している無料のサービスです。ただし、ご連絡の際は、正確な評価を行い、正しい解決策を提供できるように、できる限り詳細にご連絡くださいますようお願いいたします。

LG Q Stylo4がオンにならない問題を修正する方法

Androidデバイスで発生する可能性のある主要な問題の1つは、何をしても電源が入らない場合です。ほとんどの場合、これは、サービスセンターで修正する必要があるハードウェアコンポーネントの障害が原因である可能性があります。ただし、問題を自分で修正できる場合があります。電話機をサービスセンターに送って修理する前に、この特定の問題に推奨される以下のトラブルシューティング手順を実行してください。

電話を充電する

この場合、最初に実行したいのは、バッテリーが十分に充電されていることを確認することです。バッテリーが完全に消耗し、電話がオンにならない場合がいくつかあります。この要因は、以下の手順に従って最初に排除するものです。

  • 圧縮空気の缶を使用して、電話の充電ポートを掃除します。このポートに付着した汚れや破片がすべて除去されていることを確認してください。
  • 壁の充電器を使用して電話を完全に充電します。
  • 電話が充電されない場合は、別の充電コードと壁の充電器を使用してみてください。壁の充電器を使用した充電が機能しない場合に備えて、コンピューターのUSBポートから電話を充電してみてください。

バッテリーが完全に充電されたら、電話の電源を入れてみてください。それでもオンにならない場合は、以下にリストされている追加のトラブルシューティング手順に進みます。

ソフトリセットを実行する

電話ソフトウェアを更新すると、ソフトウェアの小さな不具合が原因で問題が発生する可能性がなくなります。これは、デバイスを再起動するだけで簡単に実行できます。デバイスの電源がオフになるまで、電源ボタンと音量小を約8秒間押し続けてから、離します。

LG Q Stylo4がオンにならないかどうかを確認します。問題が引き続き発生します。

電話のキャッシュパーティションをワイプします

お使いの携帯電話は通常、簡単にアクセスできるように最も一般的に使用されるデータを保存し、より高速に実行します。電話機の専用パーティションに保存されているこのデータが破損する場合があります。これが発生すると、通常、電話で特定の問題が発生します。これが問題の原因である可能性を排除するには、電話のキャッシュパーティションをリカバリモードからワイプする必要があります。

  • 電話の電源を切ります。
  • 次のキーを同時に押し続けます:音量小キー+電源/ロックキーを約10秒間押し続けます。
  • システムリカバリ画面が表示されたら、両方のキーを放します。
  • 音量キーを押して[キャッシュを消去]オプションを強調表示し、次に電源キーを押して選択します
  • 電話を再起動します。

LG Q Stylo4がオンにならないかどうかを確認します。問題が引き続き発生します。

工場出荷時の状態にリセットする

それでも電話の電源が入らない場合は、実行できる最後のトラブルシューティング手順の1つは、リカバリモードから出荷時設定にリセットすることです。これはあなたの電話データを消去することに注意してください。

  • 電話の電源を切ります。
  • 次のキーを同時に押し続けます:音量小キー+電源/ロックキーを約10秒間押し続けます。
  • システムリカバリ画面が表示されたら、両方のキーを放します。
  • 音量キーを押してデータの初期化オプションを強調表示し、次に電源キーを押して選択します
  • 電話を再起動します。

上記の手順で問題を解決できない場合は、電話をサービスセンターに持ち込み、ハードウェアコンポーネントの障害が原因である可能性があるため、電話をチェックする必要があります。